ブランドバッグ情報であなたにあったブランドバッグを見つけましょう

2010年06月19日

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)のバック

ロイヤルコペンハーゲンと言うとブランドバック?という
分野からは・・・・?と思われる方もいらっしゃると思い
ます。


ロイヤルコペンハーゲンは薬剤商のフランツヘンリック 
ミュラー
(1738−1820)と言う鉱物学を専門とする科学者
が研究を続け開窯し、作られたブランドです。
そうです、焼き物、磁器製品ですとよくご存知のブランド
だと思います。


ロイヤルコペンハーゲンと言うと、デンマークのブランド
昔からの陶磁器メーカーで有名なブランドです。
正式名称をロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房といいます。
(The Royal Copenhagen Manufactory)


ロイヤルコペンハーゲンはボーンホルム島で良質のカオリン
が発見されたのをきに1773年にフランツ・ヘンリック・ミュラー
デンマークで初めて硬質磁器を作りました。当時の国王と
王太后の援助により王室御用達窯となりました。
その後、民間企業だった会社を王室が買占め王立デンマーク
磁器製陶所となり、更に王室はロイヤルの称号を残すことを
条件に又民間企業に譲り今日に至っています。


古くから日本の有田焼に影響を受け、手書きによる絵柄が
特徴のブランドです。
毎年クリスマスシーズンになると出されるイヤープレート
(クリスマスプレート)でも人気になっているブランドです。


ロイヤルコペンハーゲンのマークは王冠と三本の波型の
ラインで出来ており、この三本の波線はデンマークを囲む3
つの海峡を現していると言われています。

ロイヤルコペンハーゲンのプレートは本当に素敵で、毎年の
ごとく欲しくなってしまいますね〜。

現在ではロイヤルコペンハーゲンのロゴを使ったエコバック
等が出ており、コレが又とても人気で使い勝手がよく、軽くて
上品で品がありとても素敵です。
やはり、あのロイヤルコペンハーゲンのロゴマークが効果大
なんですかね〜。


TVショッピングのショップチャンネルとタイアップの牛革製
の長財布やキルティングバック、アルマ型の牛革バック等は
エコバックに比べてお値段もチョッと上がりますがロゴが入
り又とても素敵に仕上がっています。
ナイロンキルティングバックも素敵です。是非、見て頂きた
い商品になってます。


エコバックよりも高いと言っても、陶磁器製品に比べれは未だ
安いと思われるかも・・・。^^


百貨店などや通販で見かけるロイヤルコペンハーゲンのハンカチ
もマタマタ素敵ですよ〜。
若草色のグリーンをベースとして、刺繍などが施されとても
上品な仕上がりになっています。
誰に見せても「いいね〜♪」と反響がいいので気に入って愛用
しています。何枚も何枚も欲しくなってしまいますね。^^;


元々230年以上もの歴史をもつデンマークの陶磁器メーカー
のロイヤルコペンハーゲンですが、このように牛革を使った
縫製も細かく丁寧で丈夫で使い勝手がいいバックが出ています
ので是非目の保養と思い見て頂きたいものですね。

内側の裏地にロイヤルコペンハーゲンのロゴが入りそこも又
楽しむことが出来るアイテムです。

建築物や食器など芸術にさいたけた国デンマークですが、
こんなブランドバックも又違った意味で楽しめて愛用できる
商品となっていると思われます。
何といっても昔から芸術の国ですので・・・^^♪

posted by ブランドバッグナビゲーター at 15:48 | ブランドバック種類と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PHP プログラムを定期実行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。