ブランドバッグ情報であなたにあったブランドバッグを見つけましょう

2010年06月19日

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)のバック

ロイヤルコペンハーゲンと言うとブランドバック?という
分野からは・・・・?と思われる方もいらっしゃると思い
ます。


ロイヤルコペンハーゲンは薬剤商のフランツヘンリック 
ミュラー
(1738−1820)と言う鉱物学を専門とする科学者
が研究を続け開窯し、作られたブランドです。
そうです、焼き物、磁器製品ですとよくご存知のブランド
だと思います。


ロイヤルコペンハーゲンと言うと、デンマークのブランド
昔からの陶磁器メーカーで有名なブランドです。
正式名称をロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房といいます。
(The Royal Copenhagen Manufactory)


ロイヤルコペンハーゲンはボーンホルム島で良質のカオリン
が発見されたのをきに1773年にフランツ・ヘンリック・ミュラー
デンマークで初めて硬質磁器を作りました。当時の国王と
王太后の援助により王室御用達窯となりました。
その後、民間企業だった会社を王室が買占め王立デンマーク
磁器製陶所となり、更に王室はロイヤルの称号を残すことを
条件に又民間企業に譲り今日に至っています。


古くから日本の有田焼に影響を受け、手書きによる絵柄が
特徴のブランドです。
毎年クリスマスシーズンになると出されるイヤープレート
(クリスマスプレート)でも人気になっているブランドです。


ロイヤルコペンハーゲンのマークは王冠と三本の波型の
ラインで出来ており、この三本の波線はデンマークを囲む3
つの海峡を現していると言われています。

ロイヤルコペンハーゲンのプレートは本当に素敵で、毎年の
ごとく欲しくなってしまいますね〜。

現在ではロイヤルコペンハーゲンのロゴを使ったエコバック
等が出ており、コレが又とても人気で使い勝手がよく、軽くて
上品で品がありとても素敵です。
やはり、あのロイヤルコペンハーゲンのロゴマークが効果大
なんですかね〜。


TVショッピングのショップチャンネルとタイアップの牛革製
の長財布やキルティングバック、アルマ型の牛革バック等は
エコバックに比べてお値段もチョッと上がりますがロゴが入
り又とても素敵に仕上がっています。
ナイロンキルティングバックも素敵です。是非、見て頂きた
い商品になってます。


エコバックよりも高いと言っても、陶磁器製品に比べれは未だ
安いと思われるかも・・・。^^


百貨店などや通販で見かけるロイヤルコペンハーゲンのハンカチ
もマタマタ素敵ですよ〜。
若草色のグリーンをベースとして、刺繍などが施されとても
上品な仕上がりになっています。
誰に見せても「いいね〜♪」と反響がいいので気に入って愛用
しています。何枚も何枚も欲しくなってしまいますね。^^;


元々230年以上もの歴史をもつデンマークの陶磁器メーカー
のロイヤルコペンハーゲンですが、このように牛革を使った
縫製も細かく丁寧で丈夫で使い勝手がいいバックが出ています
ので是非目の保養と思い見て頂きたいものですね。

内側の裏地にロイヤルコペンハーゲンのロゴが入りそこも又
楽しむことが出来るアイテムです。

建築物や食器など芸術にさいたけた国デンマークですが、
こんなブランドバックも又違った意味で楽しめて愛用できる
商品となっていると思われます。
何といっても昔から芸術の国ですので・・・^^♪

posted by ブランドバッグナビゲーター at 15:48 | ブランドバック種類と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

サマンサタバサと言う国産ブランド

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは、寺田和正氏が
1994年に創業したバックとジュエリーのブランド会社です。


サマンサタバサは企画、製造、販売を行っており、現在若い女性
向け商品では非常に人気のあるブランドです。サマンサタバサは
企画商品も若い女性向けのデザインを主に提案しており、女優、
モデル等芸能界の女性から一般OLまで幅広いファンを持ち、
ここ数年の間に急成長している日本企業です。


サマンサタバサは一見、社名から見ると、海外ブランドの様に感
じますが、寺田氏が起業した国内の企業です。


社名がテレビドラマや映画などで有名になった「奥さまは魔女」の
主人公のサマンサ、その娘がタバサからきているのでは?と言われ
ていましたが、たまたま偶然の一致で特に意識されてつけられた
ものではないと言われています。


寺田和正氏はバック輸入会社を経営しておりサマンサタバサを創業す
るにあたり将来は国際的な世界に通用するブランドを意識し、社名の
語尾にジャパンリミテッドとつけたものと言われています。
1991年に設立したバック輸入販売会社、株式会社マックナブトレー
ディングから三年弱の期間で自ら全出資で設立した会社だとされて
いるサマンサタバサ、その展開は非常に興味深い注目の国産ブランド
のバックメーカーです。


サマンサタバサのプロモーションモデルは海外セレブのヒルトン姉妹
ヴィクトリア・ベッカムなど世界の有名人を起用。


又、ビヨンセヴィクトリアシャラボワベネロペモニカなど
世界的有名人とのコラボしたエレガントで上品なブランドを主流に
道端ジェシカとコラボのカジュアルなブランド、海老原友里との
コラボ、ラグジュアリーなブランド等コラボ作品が多いのもこの
サマンサタバサの魅力です。



若年男性向けメンズブランドなども企画して若い女性から男性まで
を虜にしたブランドを展開中のサマンサタバサ。


その他、キティーディズニーとのコラボバック等とても魅力的な
商品が豊富に出ていますし、海外にも店舗を展開し、更に素敵な
商品が提案されていくものと期待が膨らみますね。



ファッション雑誌「JJ(ジェイジェイ)」ではサマンサタバサの
商品が毎回掲載されていますし、ANAの限定物、又テレビ局との
コラボを組んだ女子アナバックなども有名になりましたね。


サマンサタバサ公式HPも柔らかな色合いでさわやかに作られています。
見ていても非常に楽しめるHPですので、是非訪れてみられることを
おススメします^^♪

サマンサタバサと言う国産ブランドを是非楽しんでみて下さいね。
posted by ブランドバッグナビゲーター at 18:20 | ブランドバック種類と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の歴史と魅力



ブランドバックと言えば必ずと言っていいほど誰でもが名前を挙げる
であろう、老舗ブランドバックの中でも超有名なブランドと言えば、
・・・・そう、LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)ですよね。




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)コーチ、クリスチャンディオール、
グッチ、シャネル
等と同じく老舗ブランドの一つで有名です。




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)は1854年に創業しました。
LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の始まりは、19世紀半ばに流行った
ことに由来して創作されたものです。



19世紀半ばにヨーロッパの上流階級で旅行ブームが始まり、その旅行
ブームの折に、長距離の旅行にも耐えられるよう、丈夫で便利で、かつ、
ファッショナブルな旅行鞄をと作られたものでした。




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)と言えば、鞄や財布などの表面に施された
モノグラムの柄に象徴されますが、このLとVを複雑に組み合わせた柄は、
1896年にLOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の製品の偽物がとても多く出回っ
た為、LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)のコピーを防ぐ為にこの柄が発案
され採用されることとなりました。
この時代にコピーが出回る程、人気があったという証でもありますね。




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)は熟練した職人の手で丁寧に丁寧に縫製
作成され、その上軽くて丈夫で使い勝手がとてもよい。それにもまして、
デザインはおしゃれで、言うことなしです。
そのせいか、当時から人々にこよなく愛され続けて現在まできています。





LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)は伝統的なデザインの製品を残しながら
次々に新しいトレンドを生み出していき、現在ではあのヴィトンの柄に
革を白地にカラフルなロゴを組み合わせたバック等も作り出しています。





昔からのシックで高貴な感じから、革新的感性を持ったデザインを作り
出し、次々と成功を収めてきています。




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の象徴であるモノグラムを筆頭に、更に、
ダミエ、ヴェルニ、エビ、マルチカラーと多彩なラインナップを生み出し
人々を魅了して止みません。




現在では、ブランドバックだけではなく、財布、リュック、時計、マフラー、
アパレルまで多くのアイテムが世界中で愛用されています。




又、LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)は女性だけではなく、同じものを男性が
愛用していると言う点でも特徴があります。
あのモノグラムの柄は男女を選ばず愛用でき、男性にも非常に人気があり、
愛用されファンが多いことにビックリします。




普通、どうしても男性と女性では、色や形を別々に・・・と言うのが普通に
なりがちですが、LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の場合は、男性も色、形を
変えず、好きなものを愛用できるという特徴があります。その為、男性の愛用
者が非常に多いです。
よく、バックを下げている男性、財布を愛用している男性をみかけます。
本当に、国も男女も、年齢も選ばず愛用されているようです。ハートたち(複数ハート)




LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の日本語公式サイトで2009-10 秋冬キャンペーン
のブランドイメージモデルを務める女性ポップシンガーMadonna(マドンナ)さん
の壁紙がダウンロードできるようですよ〜!^^るんるん
ご興味のある方は、LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の公式HPもご覧下さいね。揺れるハート


Image066.jpg










posted by ブランドバッグナビゲーター at 00:12 | ブランドバック種類と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PHP プログラムを定期実行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。