ブランドバッグ情報であなたにあったブランドバッグを見つけましょう

2009年10月17日

百年以上の歴史を持つ、国産ブランドバックのシンクビーの魅力

シンクビーと言うコブラン織りにビーズの刺繍を施した
国産のブランドバックをご存知でしょうか?
百年以上の歴史を持つ国産ブランドバック会社です。



シンクビーは現在、テレビショッピングなどでコブラン織りの
バックや財布などの販売を展開し、好評のバック販売会社です。





シンクビーは九州、鹿児島県、鹿児島市の繁華街の天文館、
(現在の三越百貨店)に「はちゃ商店」として初代の社長
(河合梅次郎 氏)が創業。



当時はアサヒ足袋・福助足袋・日本足袋等の総代理店として
西日本地区に足袋の販売を開始しました。




1950年(昭和25年)に二代目社長(河合正二 氏)が大阪に
進出し、足袋の総代理店から呉服小間物業に業種転換して
創業を始めました。



1961年(昭和36年2月)に呉服用バックの製造を始め社名を
「株式会社はちゃ」とし設立。



1975年(昭和50年)に三代目社長(河合史郎 氏)が和装
小物製造の技術を基にハンドバックの企画を開始しました。
イタリアフランスの素材を中心としたバック作りを展開
、それらの素材にあったデザインを企画し現在に至っています。



会社理念は「創意工夫をこらすべし」をかかげ、絶えずこの
理念をまっとうし、現在も発展している会社です。



1999年株式会社ノバコーポレーションを設立とともに、インテ
リア事業にも進出していきました。
2007年(平成19年)には中国、台湾等、東アジアのマーケット
にも本格的に進出。
創業110周年を2008年には向かえ現在に至っています。




現在、直営店が大阪市と東京麻布十番にあり、販売展開を進めて
います。



シンクビーのバックはコブラン織りを主体としていますが、革
製品もあります。
デザインは大変女性的で美しく夢のある煌びやかな刺繍を施した
商品が多いです。
おそろいのデザインで、財布などもあり、そろえて楽しむことが
出来ます。



テレビショッピングなどで販売番組があると、凄い勢いで商品達
が売れていきます。
見ているだけでうっとりとしていまうデザインにファンも多いの
でしょう。



公式の会社ホームページを見ていただくと分かりますが、とても
カラフルでバックや財布等に施された刺繍たちがとても魅力的で
虜になってしまいますよ〜。^^るんるん




私もファンの一人で、バックと財布、おそろいで持っていますが
コブラン織りに施された刺繍がなんとも言えず、とても気に入って
愛用しています。揺れるハート



今回はちょっと、視点を変えて、国産の百年以上の歴史を持つ会社
である「ブランドバック、シンクビー」をご案内してみました。
創業の始まりが呉服にまつわっていた為、素材が革というより、織り
にこだわってきた会社であり、趣深い風合いをお楽しみいただける
のではないでしょうか?^^るんるん














posted by ブランドバッグナビゲーター at 22:20 | ブランドバック種類と歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PHP プログラムを定期実行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。